読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シーズン3&第11回キツネの社mf使用PT【シーズン3まとめ】

シーズン3のまとめと、使用したPTの紹介をしたいと思います

まず最終結果です

 

f:id:azunyann_21:20140513210637j:plain

 

画像の通り、最終(最高)レート2221

シングル5位で終わることができました

自身の最高レートを更新すると同時に、1P目に載ることもできて大変うれしく思います

シーズン2に比べて全体的にレートが上がらない中、終盤で結果を残すことができました

シーズン4では更なるレート更新を目指していきたいです

前座はここまでにして、PTの紹介に移りたいと思います

 

f:id:azunyann_21:20140513052348g:plainf:id:azunyann_21:20140513052413g:plainf:id:azunyann_21:20140513052437g:plainf:id:azunyann_21:20140513052515g:plainf:id:azunyann_21:20140513052544g:plainf:id:azunyann_21:20140513052610g:plain

 

メンツはこのようになっています

5月5日に行われた第11回キツネの社mfの前日から使い始めて、上記の通りレートではそこそこの結果を残すことができました

正直なところ、まだまだ完成してるとは言えないPTですが、一つの区切りとして公開に至りました

 

最高レートは2221

第11回キツネの社mf4-5で予選落ち

 

個別紹介 

f:id:azunyann_21:20140513052348g:plain

エアームドゴツゴツメット ドリルくちばし/ちょうはつ/はねやすめ/どくどく

5世代では比較的メジャーだった挑発ムドーです

昔のを流用しているので、調整は覚えていません

このPTの対受けループ要因であり、同時にガブリアスや物理ガルーラへ選出圧をかけていく見せポケ

後述しますが、このポケモンポリゴン2のおかげでガブリアスガルーラの型判別がしやすくなります

選出率は低め

 

f:id:azunyann_21:20140513052413g:plain

マリルリ@オボンのみ じゃれつく/アクアジェット/たきのぼり/はらだいこ

Sを無振りハッサム抜きまで振った、やや早めのマリルリ(Hの実数値は192です)

このラインまでSを上げることによって、マリルリ自身がはらだいこマリルリへのストッパーになります

また、ニンフィアポリゴン2といった相手に上を取りやすくなるというメリットもあります

個人的にマリルリは叩いた後の制圧力が重要だと思っているので、耐久より速さを取りました

事実、ミラーで抜かれたことは2回しかありませんでしたし、60族近のポケモンに上を取れたりと、この調整は正解でした

悪の一貫性を消したり、隙をついてはらだいこからの全抜きを狙ったりと、活躍は多岐に渡ります

しかし、思っているより脆いポケモンなので、運用には注意が必要です

 

じゃれつくは外すもの

 

f:id:azunyann_21:20140513052437g:plain

ポリゴン2しんかのきせき イカサマ/トライアタック/でんじは/じこさいせい

HBベースのポリゴン2です

6世代の環境下で生き残っている汎用受けだけあり、その硬さは流石でした

その耐久力で地面の一貫性を誤魔化したりします

使いやすい反面、起点になりやすいポケモンでもあるので、注意が必要です

また、対策が進んできているため、動かしにくさは否めなくなっています

私はめざ炎個体を流用していましたが、使うときはきちんとした理想個体を使いましょう(ミラーのS対決で負けた顔)

 

f:id:azunyann_21:20140513052515g:plain

ヒードラン@たべのこし ふんえん/だいちのちから/みがわり/どくどく

守るを抜いて、ミラーとファイアロー意識の大地を搭載した毒みがドランです

守るがほしい場面は多いですが、それ以上に大地の力による勝ちが多かったです

初手で相手のゲンガーとこちらのガブリアスが対面したときは、大体鬼火かこごえるかぜが飛んでくるので、こいつを後投げします

MVP級の活躍をしており、恐らく選出率はNO.1

 

f:id:azunyann_21:20140513052544g:plain

ガブリアス@こだわり鉢巻 げきおこ/地震/ストーンエッジ/ダブルチョップ

大正義鉢巻ガブリアス

Sにはほとんど振らず、AとDにガッツリ努力値を割いた異質のポケモン

確か、H60A236B4D196S12だった気がします

電気の一貫性を止める重要な役割を担っており、ヒードランに次ぐ選出率です

主に初手から出していき、逆鱗をぶっぱなして負担をかけていきます

その破壊力は圧倒的であり、等倍で受け切れるポケモンはほとんどいません

S102というガブリアス本来の魅力を捨てて耐久を伸ばしているため、違うポケモンだと思って運用したほうが良いでしょう

電気ポケモンのめざ氷を耐えるラインにHPを保ちながら動かさなければならないため、非常に扱いが難しいポケモンです

何をさせて強いガブリアスは、やっぱりさいきょうのぽけもんでした

 

f:id:azunyann_21:20140513052610g:plain

ゲンガー@ゲンガナイト シャドーボール/ヘドロばくだん/おにび/みちづれ

HSベースのメガゲンガーです

シーズン2のころから環境を席巻しているため、細かい説明は不要でしょう

サイクルが根幹を成すゲームにおいて、交換不能というのは非常に強力です

技構成は汎用性を求めた形になっています

勘違いしている人が多いようですが、ゲンガーサーナイト対面はサーナイトのほうが有利です

間違ってもヘドロ爆弾で突っ張らないようにしましょう

 

 

基本選出はありませんが、ガブドラン@1というのが一番多かったです

このPTに対して初手から出てくるガルーラは100%冷凍ビームを持っているので、割り切ったプレイングをしましょう

同じように、初手から出てくるガブリアスは大抵ステロ持ちです

ダブルチョップでわからせましょう

 

最初にも書いた通り、完成しているとは言えない出来になっています

まだまだゲンガーマリルリポリ2ガブリアスの組み合わせは研究の余地があるので、シーズン4でも形を変えて使ってみたいです

質問等ありましたら、ツイッターのほうにお願いします

 

 

最後に、ここまで読んでいただきありがとうございました

シーズン4でもよろしくお願いします